インプラントで美しい歯を取り戻す~審美治療のテクニック~

インプラント

歯を長く維持しましょう

笑顔

8020運動の紹介

高齢者の健康維持に最も重要なのが歯です。健康でいつまでも若々しく生活を行うためには健康な歯を維持することが重要です。そこで日本政府では健康な歯を維持する運動として8020運動に力を注いでいます。高齢になれば歯が抜けてしまうのは仕方がないと考えている人も多いのですが、それは大きな誤解です。口腔衛生の管理をしっかりと日常からしっかりと行っておけば、生涯にわたってほとんどの歯を失うことなく維持することができるのです。そのため矢切の歯科医院では8020運動の趣旨にのっとり、高齢者の口腔衛生の向上をめざす診療に力を入れています。高齢者の方でしばらく歯科医院に通院していない方は、歯を失ってしまう前に検査を受けてみるようにしましょう。

積極的に通院しましょう

高齢者が歯を失う原因となっているのが歯周病です。歯周病は自覚症状がほとんどないままに進行する点が特徴となっています。そのため日常から定期的な歯石除去を行うことが大切となるのです。矢切の歯科医院では高齢者の歯周病対策に力を入れています。体が不自由で歯科医院へと通院することができない方のために、出張診療なども行っているのでこのようなサービスも積極的に利用しましょう。また、すでに抜けてしまった歯のアフターケアも重要になります。高齢者の場合、歯が1本抜けてしまうと次々と抜けてしまうことがあります。これは1本歯が抜けることによって歯を支える骨が委縮してしまい、それが周辺の歯にも影響してしまうからです。矢切の歯科医院では歯が抜けてしまった場合のアフターケアとして、入歯の作製やインプラント治療なども行っています。このようなアフターケアを早期に行なうことで、骨の委縮を最小限に抑えることができるようになり健康な歯が抜けてしまうのを防ぐことができます。口腔衛生の維持は日常的に行うことが大切です。矢切にお住いの高齢者の方は歯を少しでも長く使うためにも、積極的に歯科医院に通院するようにしましょう。